エラ削りを体験してみて感じたこと

エラのせいで顔が大きく見えるのが欠点

私の顔は、エラがはっているため普通の人よりも少し大きく見えるのが欠点でした。
特に、正面からではなく横から見た顔が大きく見えるわけです。
「横から見た顔ならば別に気にする必要はない」といわれることもありますが、それでも一度自分の顔を客観的に見てしまった以上は気になるものです。
特に、人が撮った写真などで自分の横顔が写り込んでいたりすると吐き気がしそうな感じです。
ある時、私は美容整形外科に通っているという会社の同僚から話を聞きました。
そこで、エラ削りをしたいと真剣に考えるようになったわけです。
それ以降私はエラ削りに興味を持ち始めました。
いろいろな美容整形外科のホームページなどで調べてみると、料金は想像以上に高かったのを覚えています。
その時調べたホームページでは、40万円以上すると書かれていた気がします。
それだけのお金をためるのは大変ですが、毎月給料をためてボーナスをもらえばそれほど準備をするのに難しい金額ではないと感じました。
決して収入が高くない私ですが、頑張れば実現できるだろうと思い本格的にお金をため始めたわけです。
それと同時に、ボトックス注射についても調べました。
どちらも顔を小さくするものになりますが、ボトックス注射の場合はエラ削りと異なり筋肉を縮小させていくようです。

エラのせいで顔が大きく見えるのが欠点美容外科でエラ削りをすべく貯金を始めるダウンタイムはあるが施術を受けて顔が小さくなった